副業ランキング

未経験でも初める激熱副業情報
いま、最も熱い稼ぎの方法を知っていますか? この方法を知ることで、あなたの資産が2倍、3倍になる可能性も。 期間限定で無料公開中!

ロゴ制作はクライアントからの指定が多い

イラストやデザインを制作する副業の中でも、ロゴを制作する副業に関しては、クライアントからの指定が多い傾向にあります。
もちろんクライアントによって異なりますが、他の副業がある程度制作者の裁量に任されるのに対し、ロゴ制作は細かい部分まで指定されることも多いのです。
ログ制作と言っても色んな形態があり、文字全体をロゴとするケースもあれば、文字の一部だけをロゴにしたり、あるいはマークの部分だけをロゴにするケースもあります。
報酬に関しても、クライアントや制作規模によって大きく異なります。
個人で依頼するケースも多く、その場合はあまり報酬も高くありませんが、その分細かい指示などもなく、自由に制作できることが多いです。
一方で法人や企業から依頼される場合は、細かい指定をされることも多く、また高品質のロゴ制作を求められます。
その分報酬の方も高くなるので、1回の依頼で5万や10万円を超えることも多いです。
ロゴ制作は、企業が直接求人を募集していることも多いですが、ランサーズやクラウドワークスなどで依頼をするケースが多いです。
ですから、まずはそのようなサイトで依頼がないかどうかをチェックしましょう。

名刺の作成は手軽にできるか?

名刺を作成する副業は、イラストやデザインを作成する副業の中でも、比較的手軽にできそうなイメージもあります。
もちろん案件によっても異なりますが、一概にはそうとうは言い切れません。
名刺の作成とは言っても、ただ文字だけを入力すればいい場合もあれば、レイアウトや細かいデザインの作成まで必要な場合もあります。
前者の場合であれば手軽にできるかもしれませんが、後者の場合はむしろ結構高度なスキルが必要となります。
名刺という小さい紙面の中で、レイアウトとデザインを作成しなければならないので、かなり制約された中での作成となります。
したがって、他のデザインの副業よりもむしろ、難しいと感じる人もいるのです。
また名刺の作成に関しては、独自のソフトや設定も必要となるので、結構幅広い知識も必要とされるのです。
一度慣れてしまえば取り扱い自体は難しくありませんが、初めての人には結構負担も大きいと思います。
ですから、名刺の作成が手軽か難しかは、案件によってはもちろん、その人のスキルや考え方によっても大きく違ってくるのです。

パンフレットを作成する副業に必要なスキル

色んな会社の商品やサービス内容が書かれたパンフレットを作成する副業があります。
文章の内容やイラストなどは、基本的にクライアントが用意してくれるのですが、場合によっては自分で考えて作成する必要があります。
パンフレット作成の副業は、そこまで専門的な知識が必要なわけではありませんが、幅広い知識やスキルが必要となるので、決して簡単な副業とは言えません。
文章力はもちろんですが、イラストの作成であったり、素材を合成するための知識などが必要となります。
そして何より、パンフレットを見た人に、「この商品を買いたい」、「このサービスを利用してみたい」と思わせる必要があるので、表現力も重要となるわけです。
難しい副業ではあるのですが、もちろん報酬の方はかなり高く、1つの案件で10万円を超えることもあります。
そのため、スキルに自信がある人なら、この副業だけで月に50万円以上稼ぐこともできるのです。
いきなりパンフレットの作成は難しいかと思うので、まずは広告チラシなどの作成から始めてみるのが良いかと思います。

キャラクターの制作は入念な調査が大事

ゲームキャラクターのみならず、会社のマスコットキャラクターや、メディアやパチンコなどで使用されるキャラクターを制作する副業があります。
このような副業は、もちろん知識やスキルも必要なのですが、それ以上に入念な調査が重要となってきます。
当然ですが使用するキャラクターは、その状況に応じたキャラクターでなければいけません。
子供向けのキャラクターであれば、それに合ったキャラクターを制作しなければなりません。
観光をPRするためのキャラクターであれば、観光をイメージするようなキャラクターでなければなりません。
そのため、どんなキャラクターを作ればいいのか、事前にしっかりと調査しなければいけないのです。
場合によっては、色んなところを訪れたり、ネタを探すために図書館に足を運んだりする必要もあるでしょう。
もちろん報酬も高めとなっており、数万から数十万円、場合によってはそれを超えるような案件もあります。
特に大手の企業から長期プロジェクトの依頼をされれば、報酬は100万円を超える可能性もあるのです。
もちろんそこまで辿り着くのは決して容易ではないので、まずは簡単なキャラクターの作成から始めて、実績を積み重ねていくようにしましょう。

デコレーション制作の副業はやや衰退気味

携帯メールで使用するようなデコレーションや、携帯電話の待受で使用するような画像を制作する副業は、一昔前はかなり需要も供給もありました。
ある程度自由に作成することができますし、そこまで高度な知識やスキルも必要とされないので、本格的にイラストやデザインを作成したい人にとっては、その登竜門とも言えるような存在でした。
単価自体はそこまで高いわけではありませんが、それでも1つの案件で数千円もらえたりするので、副業としても十分活用できる副業でした。
flashによる待ち受けであれば、さらに報酬の方も高くなるので、ガッツリと稼ぐこともできたのです。
ただ、近年ではこれらの副業も、やや衰退気味だと言えます。
スマートフォンの普及により、モバイル用の待受やデコレーションを使用する人も年々減ってきているのです。
今後はさらにスマートフォンの普及率も高くなるでしょうから、少なくとも現状から需要が伸びることはまずないでしょう。
もちろん今後もデコレーションや待受の画像を制作する副業はあるでしょうが、少なくともそれに特化した案件はなくなるでしょうから、イラスト作成の一環として行われる程度になると思われます。

これからアフェリエイトをスタートするなら

これまで、アフィリエイトの基礎の部分をお話してきましたが、アフィリエイトを実際にスタートする為には、
基本となるwebサイト・ブログを作成しなければいけません。
今からスタートするビギナーの人からすれば、どこでスタートすればいいか?これらの特徴をお話していき
たいと思います。
アフィリエイトOKなブログ
ビギナーに適しているのはブログですね。タダでスタート出来るものが多いですし、ネットの知識が低い人
でも一時間以内では自分のブログを作れます。
デザイン等は元々のテンプレートを使うので、自分らしさを引き立てられない所がマイナス面ではあります
が、アレンジしていけばwebサイトっぽく運営するのも可能なのです。
これからはじめる初心者にとって、どちらではじめれば良いのか、
それぞれの特徴についてご紹介します。
そして、ブログサービスを使う時にURLはサブドメインまたは、ディレクトリ表示になるでしょう。やは
り独自のドメインを持つwebサイトと比較したら検索エンジンでの上位にピックアップされる率は低いのです
が、ブログだとファンが定着しやすいですから、案外容易にアクセス数を稼げます。
続いてwebサイトですが、利点はと言うと…安定性ですね。安定した収入が得られます。高額収入を得てい
るアフィリエイターの多くは自身のHPを持っています。真剣に稼ぎたいと思うならHPを持つと良いでしょ
う。
ですが、ビギナーという方には敷居が高く、webサイトを作るには独自のドメイン作成に、レンタルサーバ
ーも契約しなければいけませんし、サイト構築と言う様な労力と経費が必要となります。
取りあえずブログで基礎をみにつけて、最終的にwebサイトを作る事を目標にするのがアフィリエイトでは
常識です。

アフェリエイトのこれまでについて

前の記事で一体アフェリエイトは何か?今はどうなっているのか?についてお話してきましたが、
一体アフェリエイトはどの時期どこから誕生したのか?
今回はアフェリエイトの歴史についてお話していきます。
アフィリエイトの歴史ってまだまだ浅いんですね。アフィリエイトが誕生したのは1996年頃と言
われていて、初めにスタートした企業はご存じアマゾンなんですね。
このアマゾンはアソシエイトプログラムと名付けていたのですが、これが後にシステムを継続し
今のアフェリエイトプログラムになっているのです。
そして、1996年には同様に「LinkShare」という企業が世界初ASPをスタートさせたのです。
このLinkShareは今では世界でも最大と言われるASPへと変化を遂げました。
国内では1999年に始まり、わが国では「Value Commerce」という企業がアフィリエイトプログラ
ムを提供したのです。今でも国内では最大と言われています。
ネットが流行り出した1995年頃から、しばらくしてアフィリエイトは誕生したのです。
そうして、国内でのアフィリエイトは急速に様々な所で導入されていくのです。
大手と言われるアフィリエイトサービスプロバイダが揃っているという国内でも要となるASP
が一体いつ誕生してきたか経緯をまとめてみたいと思います。
1999年には、Value Commerce
2000年には、A8.net
2001年には、LinkShare・アクセストレード・トラフィックゲート
2002年には、電脳卸
2003年には、1億人.com・楽天アフィリエイト
上記が大手ASPであり、現在も大手企業として活躍中です。
その後にもASPは増加傾向があり、近頃は色々な種類のASPが誕生し続け、発展をし続けて
います。
増加するASPにアフィリエイターですが、2012年アフィリエイト総市場の規模はと言うと1,100
億とも言われ、徐々に%を伸ばしていっています。
国内のアフィリエイトは近年認知度が高くなってきていますので、今が発展の時期なのです。
これからも色々な種類のASPは増加するでしょうし、アフィリエイトをスタートする人達も増加
する事が予測出来ますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ